らせんかいだん

しがない音楽好きが気に入っている曲を紹介するだけのブログ。たまにレビュー等もします 更新頻度はそんなに多くないです

ALRIGHT

こんばんわ。今日紹介するのはイエモンのALRLGHTです

 

ALRLGHT

作詞作曲 吉井和哉 編曲THE YELLOW MONKEY

 

今年再結成したイエモンの再結集後初の新曲2月に会員限定で配信。

砂の塔 カップリング

 

この曲はSMAP×SMAPに出演してSMAPとコラボを披露したときは

とてもかっこいい曲だと思ったのですがいざCDで聴いてみると

 

うーん…という感じ。

それもサビの

「あなたに抱かれて あなたと乱れて」のところが

あなたに抱かれて~↘

という風になんか語尾で力が抜ける歌い方なんですよね。

 

個人的にはそこが残念です。かっこよく歌えとは言わないから普通に歌ってくれればいいのに。

 

メロディはカッコいいし歌詞もバンド再結成への想いが感じられて良いんですがね…

 

僕はまだまだイエモンに関してはにわかファンなので

「お前わかってないなあ…そこがいいんじゃん」みたいに思われたらすいません。

水の帰る場所

こんにちは。お久しぶりです。

 

今日紹介するのは

中山優馬「水の帰る場所」です。

 

水の帰る場所

作詞作曲編曲 酒井ミキオ

 

僕は元々酒井ミキオさんのファンです。この曲はミキオさんの「黒い水」という曲のカバーみたいですね。

この曲はなんとなくどんな風にカバーされているのかな。という感じで聴いてみました。

 

この曲、一言で言うと

 

「歌上手い」

 

です。

ジャニーズにしては上手い。とかいうレベルじゃなく普通に歌手として上手い。

この曲は暗めの曲なんですがその表現も上手い。

切ない歌声が曲にマッチしてます。

 

正直言って元のミキオさんよりも好きかもってくらい気に入ってます。 

not alone ~幸せになろうよ~

今日紹介したいのはこの曲です。

 

not alone ~幸せになろうよ

 

作詞 権八成裕

作曲・編曲 菅野よう子

 

香取慎吾主演フジテレビ系ドラマ「幸せになろうよ」主題歌。

SMAPの配信限定のシングルです。後にアルバム「SMAP AID」に収録されました。

 

僕がSMAPの曲をあんまり知らないっていうのもありますがSMAP解散の報道があってからこの曲をよく聞いてます。

 

この曲はメロディーがとにかくいいですね。明るく、それでいて優しく包み込んでくれるかのような温かさを持っている。

 

メンバーのコーラスワークも良いです。この曲はメロディーや歌詞はもちろんいいんだけどそれよりもコーラスがとてもいい。僕がこの曲を頻繁に聞いている理由は実はここにあります。

何度聞いていても飽きない。とても心地いいコーラスです。

 

もうこの曲を5人そろって歌ってくれる機会はないのかなと思うと残念でなりませんね…

ヒマワリ

さっそく行きますよ。今日はw-inds.のヒマワリを紹介したいと思います。

 

ヒマワリ

w-inds.36枚目のシングル「Boom Word Up」初回限定盤Bのカップリング曲

作詞作曲 葉山拓亮

 

 

葉山拓亮さんはw-inds.初期によく曲を提供していたお方です。

最近はあまり葉山さんはw-inds.に曲を提供しなくなったのですが15周年ということで再び提供してくれたのでしょうか。

 

この曲はバラードなんですがただのバラードじゃない。

僕が思うにボーカル、橘慶太の歌声が他の楽曲と違うんですよ。

何が違うのか。「優しさ」がすごく感じられる歌声だと思いました。言葉の一つ一つにすごく温かみが込められている。感情のこもり具合が半端じゃない。

僕は色々なアーティストの曲を聴くのですがここまで温かさを感じた曲、歌声は初めてですね。

 

曲を提供した葉山拓亮さんのブログによるとこの曲を「希望の灯りに」という想いとともにw-inds.に提供したそうです。

歌声の温かさはそこから来ているのでしょうね。

 

この曲の唯一の不満は扱いの悪さです。

初回盤Aでもなければ通常版でもない。初回盤B収録という一番微妙な扱い。

せっかくw-inds.初期を支えた葉山さんが提供してくれたのに…という残念さを感じずにはいられません。

 

これは余談ですがw-inds.は今年15周年です。順調に2枚のシングルを発表していますが今年中にアルバムは出るのでしょうか。気になります。

そして15周年なので葉山拓亮提供曲がもう1曲ぐらい来てほしいと思います。

お知らせ

こんにちは。またまたお久しぶりの更新です。

ちょっとブログのコンセプトを変更しました。

これまではレビューを中心にして記事を書くつもりでしたがレビューではなく

自分のお気に入りの曲を紹介する

という方向性でブログを書いていこうと思います。

なんかレビューっていうとハードルが高く思えるんですよね。これまでの2記事で自分そういうのてんでダメだというのもよく分かったし。

まあレビューも紹介することも同じような気もしますがね。

というわけで今後はこの方針で行きたいと思います。

といいつつたまにはレビューも書いてみようかなと思います。

ではよろしくお願いします。

スキマスイッチ 昭和女子大学 人見記念講堂 7/11

こんにちは。なんやかんやあって更新が1か月ぶりになってしまいました。

あとブログタイトル変えました。

 

先日スキマスイッチのツアーに行ってきました。

スキマスイッチのライブは去年以来の2回目です。

 

よかったのは「ソングライアー」ですね。

ギターのアレンジがとにかくかっこいい。

そして照明と映像の演出もかっこよく、音、照明、映像がうまく組み合わさって最高のステージでした。

あとアコースティックのコーナーも良かった。えーバンド形式で聴きたいよ。と最初は思ったものの「スカーレット」のアコーディオンの音色がとても心地よかった。

いつもサポートメンバーはスキマスイッチの二人より後ろで演奏してるから皆を前に出そうというコンセプトのもとアコースティックコーナーが生まれたみたいですがその気遣いも「二人らしい」と思いました。

 

不満点

セトリ

今回のツアーはスキマスイッチの二人が「今演奏したい曲をやる」というテーマでお馴染みの曲からコアな曲まで幅広く選曲した。といっていました。

でも少しアルバム「musium」「スキマスイッチ」の曲に偏りすぎだと感じました。

あと「ユリーカ」「Ah Yeah!!」と盛り上げどころの曲が前回のツアーと同じなのも…「ガラナ」とかやっても良かったのでは。

 

と、不満はあったものの歌、演奏のすごさはもちろんのことMCも面白く、最高のライブでした。

早くライブCD、BDがほしいです

近藤晃央 2nd ONEMAN TOUR〜IRIE LAND〜

こんばんわ。最初のあいさつを除いて初の更新。

記念すべき最初の記事は土曜日に参戦した近藤晃央のライブレポから行こうと思います。

 

会場は東京キネマ倶楽部。僕の始めて行く場所です。

下のフロアで鑑賞しました。入場したのが後の方だったのでけっこう後ろだったけどそれでもかなりステージに近かった。

 

~ライブ感想~

 

最初に断っておくと僕はかなりにわかファンなのであんまり詳しくは語れないです。

序盤のかわいい時間と題したかわいいひと→あの娘が嫌い→理婦人ナ社会

この流れがかなり良かったです。かわいい時間と言っておきながら「あの娘が嫌い」「理婦人ナ社会」この女性目線の毒のある楽曲を2曲連続で歌い、観客を良い意味で裏切ったのがしびれましたね。

 

なんのおと?では観客からの擬音語のお題に即興で歌詞をつけるというコーナーも。

僕もお題を思いついたのですが恥ずかしいので手を挙げるのは止めておきました。

 

僕のかなり好きな「仮面舞踏会」を歌ってくれたときは本当にうれしかったです。

今回のライブツアーはセカンドアルバムを引っ提げてのツアーなんですが仮面舞踏会はファーストアルバムのそれもアルバム曲なんですよね。

シングルならともかくアルバム曲に光を当ててくれるとは思ってなかったので嬉しかったです。

ただ原曲はロック調なのにアコースティック調でバラードっぽくアレンジされてたのが残念でしたけどね。アレンジはアレンジでよかったけど。

 

MCでは音楽活動が上手くいってなかったということを言っていました。

でも悩んでいるときに白黒つけずになんとなくでもいいから音楽活動を続けて良かったと。

ただそこで「~だからみんなも諦めたりしちゃだめだよ」みたいに話を展開することはなく、あくまで自分語りで終わったところに好印象。

 

あと東京のお客さんはシャイなのかなんなのか盛り上がりに欠けるところがあって「もっと盛り上がろうぜ」みたいにかなり煽ってました。

意外に熱い人なんだなーと思いました。

 

アンコール最後はフロアに降りてマイクなしの一人弾き語り、「ともしび~いのちのうた~」を披露。静かな空間に近藤晃央の地声だけが響き渡る。あの時間は印象に残ってます。

 

というわけで近藤晃央のライブ、良かったです。

僕はまだまだにわかファンで生でどれぐらい歌えるのかとか全然知らなかったのですがかなりの上手さでした。

近藤さん自身でアルバム「アイリー」は収録楽曲の振り幅が広いと言っていたんですが本当に明るい曲もあれば暗い曲、毒を持った曲もあり。良い意味でお遊びの曲もあり。とかなり音の幅が広いセットリストになっていました。

 

~MVP~

MVPは「理婦人ナ社会」です。

かなりライブ映えしていました。個人的にはバラードよりも感情を込められていたように思いました。