読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らせんかいだん

しがない音楽好きが気に入っている曲を紹介するだけのブログ。たまにレビュー等もします 更新頻度はそんなに多くないです

近藤晃央 2nd ONEMAN TOUR〜IRIE LAND〜

こんばんわ。最初のあいさつを除いて初の更新。

記念すべき最初の記事は土曜日に参戦した近藤晃央のライブレポから行こうと思います。

 

会場は東京キネマ倶楽部。僕の始めて行く場所です。

下のフロアで鑑賞しました。入場したのが後の方だったのでけっこう後ろだったけどそれでもかなりステージに近かった。

 

~ライブ感想~

 

最初に断っておくと僕はかなりにわかファンなのであんまり詳しくは語れないです。

序盤のかわいい時間と題したかわいいひと→あの娘が嫌い→理婦人ナ社会

この流れがかなり良かったです。かわいい時間と言っておきながら「あの娘が嫌い」「理婦人ナ社会」この女性目線の毒のある楽曲を2曲連続で歌い、観客を良い意味で裏切ったのがしびれましたね。

 

なんのおと?では観客からの擬音語のお題に即興で歌詞をつけるというコーナーも。

僕もお題を思いついたのですが恥ずかしいので手を挙げるのは止めておきました。

 

僕のかなり好きな「仮面舞踏会」を歌ってくれたときは本当にうれしかったです。

今回のライブツアーはセカンドアルバムを引っ提げてのツアーなんですが仮面舞踏会はファーストアルバムのそれもアルバム曲なんですよね。

シングルならともかくアルバム曲に光を当ててくれるとは思ってなかったので嬉しかったです。

ただ原曲はロック調なのにアコースティック調でバラードっぽくアレンジされてたのが残念でしたけどね。アレンジはアレンジでよかったけど。

 

MCでは音楽活動が上手くいってなかったということを言っていました。

でも悩んでいるときに白黒つけずになんとなくでもいいから音楽活動を続けて良かったと。

ただそこで「~だからみんなも諦めたりしちゃだめだよ」みたいに話を展開することはなく、あくまで自分語りで終わったところに好印象。

 

あと東京のお客さんはシャイなのかなんなのか盛り上がりに欠けるところがあって「もっと盛り上がろうぜ」みたいにかなり煽ってました。

意外に熱い人なんだなーと思いました。

 

アンコール最後はフロアに降りてマイクなしの一人弾き語り、「ともしび~いのちのうた~」を披露。静かな空間に近藤晃央の地声だけが響き渡る。あの時間は印象に残ってます。

 

というわけで近藤晃央のライブ、良かったです。

僕はまだまだにわかファンで生でどれぐらい歌えるのかとか全然知らなかったのですがかなりの上手さでした。

近藤さん自身でアルバム「アイリー」は収録楽曲の振り幅が広いと言っていたんですが本当に明るい曲もあれば暗い曲、毒を持った曲もあり。良い意味でお遊びの曲もあり。とかなり音の幅が広いセットリストになっていました。

 

~MVP~

MVPは「理婦人ナ社会」です。

かなりライブ映えしていました。個人的にはバラードよりも感情を込められていたように思いました。